日本語教師の仕事内容や働くために求められる資格

日本語教師は重要な仕事

日本語教師は、外国人に日本の文化や日本語の仕組みを教える重要な職業です。日本語教師として活躍するために、まずは基本的な知識を身につけておきましょう。

日本語教師と国語教師の違い

日本語教師

日本語教師は、日本や日本語に対しての知識がほとんどない方へ向けて教えることがメインです。日本の定番文化や日本語の微妙なニュアンスについて教えます。

国語教師

国語教師は、日本や日本語についての知識をある程度持っている方へ向けて教えることが仕事です。小学校や中学校で教えるため、教員免許雨が必要になります。

日本語教師の仕事内容や働くために求められる資格

婦人

ニーズが高まる日本語教師

日本語教師とは、いつも何気なく使っている日本語の仕組みや原理を理解して、外国人に分かりやすく教える仕事です。ビジネスマンに教えることもあれば、留学生や小さな子どもに教えることもあります。教える人によって教え方も変わるので、豊富な専門知識だけではなく、教えるための技術も必要になる職業です。近年、日本語教師のニーズは高まってきていて、多くの施設で新しい人材が求められています。

教材

教える場所によって必要な資格は変わる

日本語教師として外国人に日本語を教える場所はいくつもあります。代表的な施設としては、小中学校・大学・民間学校・海外の学校などが挙げられます。小中学校で教えるには日本語を教えるスキル以外にも教員免許が必要になり、民間学校ならば専門の資格が必要になる場合があります。日本語教師として働くために必要不可欠な資格というものはありませんが、教える場所によって求められる資格や有利になる資格は存在します。

専門学校で学ぶ

日本語教師として働くために、「日本語教師養成講座420時間修了」を目指す方が多くいます。これは、日本語教師として活躍するために文化庁が指針している講座のことで、養成講座を設けている専門学校や大学で日本語教師として働くための知識やスキルを学ぶことで修了することができます。日本語教師養成講座を修了しておくと、日本語教師として働くための基本を身に着けていることの証明になるので、民間の学校で採用されやすくなります。この日本語教師養成講座を受けることは、日本語教師を目指している方にとっては最も近道となる手段の1つといえます。

広告募集中